紛失のリスクを減らす!大事な婚約指輪の保管場所3選

大事なら別途金庫を購入し厳重保管を

一生に一度あるかないかという機会となる婚約指輪の購入。これらをパートナーに渡す前に紛失してしまったら最悪ですよね。その様な事態に陥らない為にも、手元を少し離れても安心出来る場所に保管しておくのがベストでしょう。自宅内であれば自室の引出し等が候補に挙がりますが、それらも完璧ではありません。出来れば自前で小型の金庫を購入し、その日が来るまでその中に大事に保管しておくのが理想的でしょう。せっかく高いお金を出して購入した婚約指輪ですから、それを守るアイテムにもそれなりのコストを掛けておきたいものですよね。

渡す当日まで購入店で預っていてもらうという手も

自分の手でしばらく保管しておくのにあまり自信が無いのであれば、思い切って婚約指輪を購入した店舗に相談し、それをパートナーに渡す当日まで保管しておいてもらう様相談・依頼してみるのも一つの手段でしょう。断られてしまえば仕方無く自前での保管方法を探る事になりますが、購入日から渡す日までかなりの日数が空いてしまう事が予想されれば、早目の指輪購入は避け、渡す数日前辺りに確実に購入出来る様店舗と売約を結んでしまうというのも手です。

渡す当日はジュエリーケースに入れて携帯するのが便利

いざパートナーに婚約指輪を渡す日、バッグに入れてこれらを携帯する際に裸の状態ではいけませんよね。小物ですから簡単に紛失し易い上、ムードも台無しになってしまいます。この場合確実な保管を約束し、また素敵なムードを演出してくれるのが小型のジュエリーケースの利用。多くの場合販売店が指輪と共に用意してくれるもので、別途探す必要も無いでしょう。強度や耐久性も意外とあり、しっかりと婚約指輪を守ってくれます。やっぱり素敵な指輪は素敵な箱から出された方が心ときめきませんか?

婚約指輪とは男性から女性に贈られるものであり、婚約の意思を示すために贈られる指輪です。指輪は切れない輪のため、婚約が切れないという意味を持ちます。